保谷納豆どっとこむ
バナー
ホーム > 炭火造りとは

水・豆・炭・人

水・・・大豆から納豆に変わるにはまず良質な水との出会いから始まります。水は地下およそ150mから汲み上げる富士山系伏流水を大豆の浸漬水として使用しております。

豆・・・美味しさの基本となる大豆は納豆に適した種類、生産地を選定しています。まず国産の原料大豆は主力の小粒系原料として北海道産の鈴丸大豆。大粒の原料には北海道産のユキホマレ大豆を使用。また有機大豆はアメリカ産またはカナダ産そして非常に貴重な国産すべてJAS認定大豆を使用しております。

炭・・・特許製法である「炭火造り」に使用する炭にもこだわりがあります。発酵室の壁面設置するのは国産の備長炭を。また毎日発酵室で燃やす炭には岩手県産の楢(なら)炭を使用しております。

人・・・―活気ある工場― 「煮方(にかた)」と呼ぶ職人を筆頭に約60名で動いています。

納豆製造方法及びシステム 特許第3016198号

室の中で七輪を使って炭火をたきます。炭は岩手県産のならの木炭を使用。

室温は40度以上になり、数時間もすると室内は二酸化炭素が充満します。
酸素が無ければ、納豆菌の働きは一時ストップしてしまいます。発酵したくても出来ない状態なのです。
この時、納豆菌は自分の命を守るため、体内活動を徹底的に減らして、いわば休眠状態にはいり、じっと耐えています。そこに、今度は一気に酸素を送り込んでやるのです。
すると、菌は猛烈な勢いで、パワフルに活動を始めます。これが「炭火造り」の納豆の作り方。
この時の納豆菌の貧欲な活動がおいしさにつながるのです。

更に、発酵室内に備長炭を敷き詰め、炭の特性による空気清浄・脱臭・吸湿性効果等を活用し、おいしい納豆に仕上げています。

sumi%5B1%5D.jpg  

株式会社保谷納豆
東京都東村山市青葉町2-39-9 TEL: 042-394-6600 FAX: 042-394-6601